お知らせ
2017.1.1

あけましておめでとうございます!

オフィスましこのねのオフィシャルサイトオープン!

まだ未完成の部分もありますが、今後コンテンツをどんどん増やしていきますのでお楽しみに。

今後共よろしくお願いいたします。

オフィスましこのねとは?

ましこの根っこを育てたい
 
「当たり前の日常」が生き生きとしている町であってほしい。
 
地域が元気であるために、新しい何かを無理矢理に作るのではなく、もともとちゃんとそこにあるものを、そしてそこに住む人を活かしていくことが大事だと考えます。
 
そのためにできることをひとつずつ。
 
たくさんの人が行き過ぎて、色々な物語が巡ってきた益子。
 
そんな益子で育まれた「当たり前の日常」には沢山の暮らしの選択肢があり、それが他所の人たちを惹きつけるようです。
 
「こんな風であったらいいな、いつかやってみたいな」
 
様々な仕事を通して、そんな暮らしの選択肢を皆さんに届ける事ができたら嬉しく思います。
オフィスましこのねは皆さんの日常が充実したものになるよう、影ながら役割を果たしていきます。
 
ましこのねの「ね」は根っこの「ね」でもあります。
それぞれの普段の暮らしが満ち足りていて、それらが根のように無理なく広がってゆくことによって、きっと益子という幹は育ち、在るべき未来へと繋がっていくことでしょう。
 
会社概要 業務内容

主な業務内容
地域資源の掘り起こし、情報の収集と発信

「フリーペーパーましこのね」の制作を行い、地域の情報を集め、知っているようで意外と知らない地域の情報を皆さんに届けます。また、制作を通して地域の方々とのコミュニケーションを大事に育てていきます。

例えば…「フリーペーパーましこのね」の制作等

 
 

地域のイベントの企画立案・運営・補助

色々なイベントが一過性のもので消化されるのではなく、ちゃんと日常に還元され巡ってゆくような形になる事を目指します。

例えば…「益子の雛めぐり」等地域のイベント運営への参加、陶器市運営への参加、道の駅企画展の企画立案、準備等

 
 

地域の観光・産業にまつわる情報コンテンツ制作

同じようなコンテンツが並列で存在するのではなく、できるだけ色々な組織、団体と連携をとりながら制作することで無駄なく資源を活用できるよう、情報の一元化を目指します。

例えば…イベントチラシ、ショップカード等の制作、小冊子などの制作等

 
 

地域産業にまつわる新商品開発や提案

地域でものづくりをする皆さんの技術や経験が活かされ、それが地域全体での循環に貢献できるようなシステムがあることが望ましいと考えます。そのために色々な団体、企業と連携をとりながら制作環境の整備、商品開発の提案を行っていきます。

例えば…益子のお土産「ubusuna」の制作、益子焼新商品の開発等

 
 

地域産業の海外販路拡大・輸出に関わる業務

情報化社会においては、視野を広げた市場開拓は必須と言えます。
海外に向けた観光・産業の情報発信、販路拡大事業をサポートしていきます。
また、人のつながりを活かした海外との文化交流も積極的に進めていきたいと思います。

例えば…海外での益子焼PRイベント企画(2016年台湾)、輸出窓口業務(2017年~)、Mashiko-DB.netの運営等